研究者情報

教育活動

最終更新日:2020/03/04

学部

担当授業科目

  • 2年次周産期保健看護Ⅰ、周産期保健看護実習Ⅰ
  • 3年次周産期保健看護Ⅱ、周産期演習、周産期保健看護実習Ⅱ、ウイメンズ・ヘルスサイエンス
  • 4年次基礎助産学、助産診断技術学、助産実習、卒業演習、看護卒業論文、看護統合実習

大学院

担当授業科目(博士前期課程)

  • 実践島嶼保健看護演習Ⅰ
  • 実践島嶼保健看護実習Ⅱ
  • 実践島嶼保健看護特論Ⅳ
  • 母性・小児保健看護特論Ⅰ
  • 母性保健看護演習

その他

1)学生サークル「性・命の達人キラリサークル」顧問(平成22年度~継続中)
顧問の役割:妊娠・出産・性感染症・避妊法・デートDVに関する専門知識・技術と情報の提供(勉強会の開催)
学生の活動の場を提供(中学校、近隣大学との調整、外来講師への依頼、関係施設への依頼等)

・平成22年度の活動:那覇市 NPO活動支援基金の助成金を活用し、近隣大学(沖縄大学、沖縄女子短期大学、沖縄県立芸術大学)と教員が出前講座を担当する中学校へ出向き、性教育活動を実施

・平成23年度の活動:那覇市 NPO活動支援基金の助成金を活用

・平成22年度同様の活動に加え、講演会の開催、宮古島市の中学校(3校:平良中、上野中、西辺中)へ性教育活動を実施

講演会:平成24年1月25日(水) 看護大学 大講義室 講師 内田美智子先生(助産師 福岡 内田産婦人科)
「いのちをいただいて、つなぐこと~かっこいい大人への道しるべ~」

講演会:平成24年2月23日(木) 看護大学 視聴覚室 講師 上地秀昭先生(産婦人科医 豊見城中央病院)
「子宮頸ガンとHPV予防ワクチン」

2)ハワイ大学マノア校(看護学部)での教員研修(平成18年3月 2週間)とその後のALOHAノート(教材)作成(平成18年3月)
・ハワイ大学マノア校看護学部で、2週間、講義・演習・実習に参加(主に母性看護)し、教育方法の実際を学んだ
・ハワイ研修での学びから、講義・演習・実習で役に立つ学習ノート「ALOHAノート」を作成し、毎年リニューアルしている