大学院

長期履修学生制度

大学院保健看護学研究科における長期履修学生制度について

1.趣旨

 この制度は、職業を有している等の事情により、修業年限(博士前期課程2年、博士後期課程3年)では大学院の教育課程の履修が困難な学生を対象とし、本人の申請に基づいて審査し、修業年限を超えて長期修業することをあらかじめ認め、計画的に授業科目を履修し修了することにより、学位の取得が可能となります。

2.対象

長期履修学生として申請することができる者は、大学院博士課程の入学資格を有する者のうち、次のいずれかに該当するものです。
  • 職業を有している者
  • 育児、親族の介護等の特別の事情のある者
  • その他やむを得ない事情を有し、修業年限で修了することが困難な者

3.長期履修期間

 長期履修の期間は、博士前期課程は3年、博士後期課程は4年です。

4.申請

 長期履修学生制度の適用を希望する者は、入学手続時に以下の書類を添えて申請してください。

申請書類
(1)長期履修申請書(様式第1号)

(2)申請資格を証明する以下の書類

申 請 資 格 必 要 書 類
職業を有している者 在職証明書(様式第2号)
[PDF]
[WORD]
育児、親族の介護等の特別の事情のある者 長期履修申立書(様式第3号)
[PDF]
[WORD]
その他やむを得ない事情を有し、修業年限で修了することが困難な者 事前にお問い合わせください。

5.長期履修期間の短縮申請

 入学時に長期履修を認められた学生は、一回に限り、許可された長期履修期間の短縮をする事ができます。短縮を希望する場合は、短縮後の修了予定前年度の2月1日から2月末日までに、以下の書類を提出して下さい。

申請書類
長期履修期間短縮申請書(様式第5号)[PDF]
[WORD]

6.長期履修学生制度にかかる授業料

博士前期課程を例に説明します。    

1)長期履修が認められた場合

①3年の長期履修期間の場合
【授業料年額】
授業料は、通常の授業料の年額に修業年限(2年)を乗じた額を長期履修期間(3年)の年数で除した額を毎年納入します。 (535,800円×2年)/3年=357,200円・・・年間授業料

修業年限2年の場合
(通 常)
修業年限3年の場合
(長期履修)
1年目 535,800円 357,200円
2年目 535,800円 357,200円
3年目 357,200円
総計 1,071,600円 1,071,600円

※注意①:長期履修学生が許可された修業年限(3年)で修了できなかった場合、翌年度からの学費は通常の修業年限(2年)の学生と同額の年間学費を納入することになります。
※注意②:授業料の改定があった場合、長期履修学生は、入学年度を同じとする修業年限2年の学生より、授業料総額が多くなる可能性があります。

2)長期履修期間の短縮が認められた場合

①3年の長期履修期間が認められた学生が修業1年目の2月に、3年から2年に履修期間の短縮が認められた場合。

【授業料年額a】
(535,800円×2年)/2年(短縮後の期間)=535,800円・・・年間授業料a

【短縮を認める時に徴収する額c】
〈再計算した年額の在学分授業料〉-〈納入済(すべき)授業料〉b=〈短縮を認める時の徴収額〉c
535,800円×1年 - 357,200円 = 178,600円

修業年限3年の場合
(長期履修)
短縮で修業年限2年となる場合
(長期履修期間短縮後)
1年目 357,200円 357,200円・・・b 納入済額授業料
178,600円・・・c 短縮認める時の徴収額
2年目 357,200円 535,800円・・・a 短縮後の授業料年額
3年目 357,200円
総計 1,071,600円 1,071,600円

3)その他、授業料に関することは事務局に確認して下さい。

7.書類提出先・問い合せ先

〒902-0076 沖縄県那覇市与儀1丁目24番1号
沖縄県立看護大学 学務課
TEL(098)833-8800
FAX(098)833-5133