大学院

大学院の概要

大学院の目的

沖縄県立看護大学大学院は、建学の理念に則り、高度な看護の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究めて保健看護の発展並びに県民の健康及び福祉の向上に寄与することを目的とする。

 

大学院設置の趣旨

 21世紀に予測される労働力人口の減少傾向の中で保健医療福祉に関する対人サービスを担う専門家の養成と確保は重要な国家的課題である。病院や施設内におけるケアばかりでなく、在宅高齢療養者も含めて、人権を尊重しながら、自主性と生活の質向上に向けて行なう保健看護(Health Nursing)的支援には高度の知識と技術が要求される。これらの課題解決のために立案、実行、評価を担う看護職者のリーダーシップが要求される。

 また、医療技術の進歩とそれに対応する卓越した医療的ケアの技術は、進歩の著しい先進医療におけるケアの一翼を担う看護職者にも、新しい知識と高い看護技術、新しい看護理論とそれを実践・展開する能力を求めている。急速な通信・遠隔情報システムの発達は、救急医療、離島・過疎地医療、生涯にわたる健康教育や健康管理方法などに有用性を発揮しつつあり、これらに対応できる遠隔看護教育と技術を必須としている。

 さらに、グローバル化時代の看護職者には、地域、国を超え共通して求められる保健看護があり、自己のもつ技術の有用性と限界を熟知し、高い倫理性に根ざして、治療やケアをうける人々の立場に立って支援することも必要である。

 他方、保健医療福祉サービス体制は、看護職者の専門性を生かしつつ、学際的チームの一員として協力し、利用者個人の自立を支える最適のサービス提供体制の立案・実施・評価に参加することを求めている。高度なケアを管理、調整する専門的役割と看護専門職業人のリーダーの養成が不可欠である。

 社会の求める資質の高い看護職者の養成には、看護の基礎教育としての学部教育では十分ではなく、社会的ニーズに応えるために本学に大学院保健看護学研究科ー博士前期課程及び博士後期課程ーを設置した。 

 

教育理念と教育目標

 グローバル化時代と少子・高齢社会、高度に専門・分化した保健医療福祉サービス体制の中で、看護ケアを受ける側の立場に立って高い見識と専門的知識・技術・態度で高度な看護ケアを立案、実施、評価できる看護実践者及び行政、経営・管理面における看護専門職者の果たす役割、教育者の役割は増大している。
本大学院は、このような時代や社会の要請に対応できる専門職業人のリーダーとして高度のケアを実践できる実践家、看護の管理者、学習や教育の原理を統合して看護教育に応用する教育者、研究活動によって新しい看護知識の創出に貢献する研究者、保健看護活動を通して新しい学問の創出に貢献できる人材の養成を目指している

 博士前期課程では広い視野に立って看護における高度なケアの実践や教育のできる専門的能力を養う、又は、学識を深めることによって研究能力を養うことを目的とする。

 博士後期課程では看護分野における研究者として自立した研究活動を行なうのに必要な高度な研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。

図1 博士前期課程

図2 博士後期課程

修業年限・入学定員

課程 入学定員 収容定員
博士前期課程 6名 12名
博士後期課程 2名 6名